サブメニュー

オリックス銀行カードローンの手軽な手続き

ネットで24時間申し込みが出来るオリックス銀行カードローンであれば、どこにいてもいつでも手続き可能なため、お金に困ったときには外出先でもスマホからの申し込みで安心です。審査回答は最短即日となっており、借り入れまでも数営業日で来店不要契約ですので店舗に行く必要もありません。

 

金利面も銀行だからこその低水準となっており、オリックス銀行カードローンでは年利3.0%~17.8%限度額は最高800万円の高いスペックですので、おまとめや借り換えにも使えるのです。

 

 

早めの返済が何よりのコツです

カードローンを利用するにあたって1番大切なポイント、それは一体何でしょうか。低金利の借入先を選ぶ、無利息期間のある会社を選ぶ、それとも利用手数料がかからない借入先を探すことでしょうか。

 

それらも大切なのですが、一番大切なのは必要最低限の借入れを行い、なるべく短期間で返済する様に心がけることです。そんなの当たり前と言われるかも知れませんが、普通に返済していると中々返済も終わらず思った以上の利息が発生してしまう時もあるのです。

 

なぜ、そうなるのか。それはカードローンの返済方法がリボ払いが基本だからです。リボ払いは利息と元金と合わせて一定額になる様にして返済する方法です。返済額が一万円として、利息が1,000円必要なら残高は9,000円減ります。返済が進み元金が減り利息が500円で済むようになれば、同じく一万円返済したとして残高が9,500円減ります。

 

毎月一定額ずつ返済するので返済の負担を感じにくいのですが、借入れが多く利息の割合が多かったりすると元金は中々減りません。残高に応じて返済額が段階的に変化する残高スライド式のリボ払いもあります。これは多く借りた時は返済額もそれなりに多くなります。ですが、元金が少なくなると返済額も少なくなっていくので中々返済は終わりません。

 

10万円を切った頃には毎月の返済額が5,000円程度になったりもしますが、この場合1,500円ほどの利息が含まれていますので残高はあまり減りません

 

賢い借入れのコツ、それは何と言っても早く返済を終わらせる様に前倒しで返していくことです。もちろん、無理な返済は厳禁です。
おまとめを駆使して早めに返済をする

 

学生でも可能なカードローン

学生向けのカードローンが人気があり、いろいろな銀行や消費者金融会社から販売させてきています。もちろん定期的な収入が必要になってきますが、まずは審査に出してみることが借り入れの基本になってきます。学生とはいっても急な出費が必要になるケースは誰にでも考えられます。

 

それは専門学校の生徒や大学生ならなおさらです。アルバイトやパートをしている学生なら毎月一定の給料がありますが、それだけではどうにもならないことだって考えられるのです。給料日前にまとまったお金が必要になったらカードローンを検討してみることも作戦の一つといえるでしょう。

 

通常学生といえば手元や通帳にたくさんのお金があることはありません。しかし大人未満子供以上の学生にとって、部活の遠征費や卒業旅行、さらには運転免許証の取得などといった必要的なことも出てくるのです。

 

現在のスマホ世代ならカードローンの審査も大変スムーズで比較も簡単にできます。まずはたくさんのサイトをいっぺんに比較することができるので、自分の借り入れ額や返済額、月々の返済可能な額を算出してから審査にのぞみましょう。

 

いろいろな会社によって利率も違うので、学生専用のカードローン会社なら優遇されることも考えられます。バランスを考えて使えばカードローンは大変便利なものです。
同じく利用がしづらいとされる専業主婦の方も、借り入れ先を選ぶと専業主婦も問題なく使えるカードローンがあるのが分かります。